経済産業省

 水際措置に係る申請手続きシステムへようこそ

関係資料を熟読の上、ご申請をお願いいたします。

※本手続では、Gビズフォームプライバシーポリシーとは別に、個別のプライバシーポリシーを定めておりますので必ずご一読ください。

-リリースノート-

2021年11月22日: 審査済証発行を、PDFダウンロードからメール送付に変更しました。操作マニュアルにてご確認ください。
2021年11月26日: ・本申請手続きシステム上のPCR検査結果報告機能を廃止し、厚生労働省「入国者健康確認システム」での情報登録を明記。
・申請者による取下げ機能の追加。(申請ステータス”申請済”まで利用可能)
・入国予定日、活動計画書の変更届機能の追加。(申請ステータス”審査済”のみ利用可能)

1.制度概要

水際対策強化に係る新たな措置(19)※1では、受入責任者※2が業所管省庁※3から事前に審査を受け、受入責任者が行動管理等に責任を持つことを前提に、14日間の自宅等待機期間内の行動制限の緩和措置及び外国人の新規入国制限の緩和措置を実施するものです。

※1新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和3年9月9日新型コロナウイルス感染症対策本部変更決定)において、「行動管理や検査も組み合わせた入国者への管理措置等を講ずるなど水際措置の段階的な見直しに取り組む」とされている。
※2入国者を雇用する又は入国者を事業・興行のために招聘する企業・団体等をいう。以下同じ。
※3当該企業・団体等を所管する省庁をいう。以下同じ。

2.措置の内容

本措置の申請に際しては、厚生労働省ホームページ 水際対策強化に係る新たな措置(19)について(外部サイトへ遷移)に掲載されている実施要領等の資料を熟読してください。

3.本申請手続きシステムについて

本申請手続きシステムは経済産業省所管業種の方専用となります。
経済産業省所管業種以外の業種の場合、厚生労働省ホームページに掲載されている「入国者健康確認システム(ERFS:エルフス)」(外部サイトへ遷移)からの申請をお願いいたします。


本申請手続きシステムでは、受入責任者が行う
  1. 新規申請
  2. 審査済証の取得(メールにて受領)
  3. 受入結果報告の申請
を行うことができます。
「1. 新規申請」において、一部の申請書を厚生労働省ホームページから指定の様式をダウンロードし作成の上、本申請手続きシステムへのアップロードが必要となります。

<様式をダウンロードし作成の上、本申請手続きシステムにアップロードするもの>

様式のダウンロード:厚生労働省ホームページ 水際対策強化に係る新たな措置(19)について(外部サイトへ遷移)

  • 【様式2】誓約書
  • 【様式3】活動計画書
※その他、パスポートの写し等を添付いただきます。

<本申請手続きシステム上で直接入力するもの>
  • 【様式1】申請書
  • 【様式4】入国者リスト
  • 【様式5】受入結果報告

・操作マニュアル(第3版 2021年11月25日更新)はこちら


なお、以下の方が受入責任者をされる場合は、水際対策措置代替法人番号を「法人番号」欄に記載するとともに、追加で必要な項目を提出してください。

個人事業主 確認方法 水際対策措置代替法人番号 追加で提出必要な項目
弁理士 弁理士登録番号の確認 KA000000000501 申請画面-6.備考に弁理士番号を入力
製造業(特定技能) 在留資格認定証明書の確認 KA00000000502 申請画面-7.受入責任者の誓約書に在留資格認定証明書を添付
製造業(技能実習) 技能実習計画認定書の確認 KA00000000503 申請画面-7.受入責任者の誓約書に技能実習計画認定書を添付

4.事前準備(法人向け共通認証システム「GビズID」アカウントの取得)

  • 本申請手続きシステムを利用するためには、デジタル庁法人向け共通認証システムの「GビズID」が必要となります。デジタル庁ホームページ GビズID(外部サイトへ遷移)をご覧の上、事前にGビズIDの取得をお願いいたします。
  • GビズIDは、プライム/メンバー/エントリーの3種類があり、それぞれ利用可能な行政サービスが異なります。また、ID取得時の本人確認方法が異なります。

  • アカウントを作成できる方は、法人番号を有し、かつ、法人番号等を公表することについて同意している企業等の代表者の方、府省/地方公共団体に所属する決裁権者の方、事業を営む個人の方、又はその従業員・職員等の方であること、を条件としています※。
    (※)デジタル庁ホームページ GビズID「よくある質問」のQ3-5より(外部サイトへ遷移)

  • 本申請手続きシステムは、当面、いずれのGビズIDでもログイン可能です。
    GビズIDプライムの取得には、必要書類に問題がない場合1週間程度を要します。GビズIDプライムは利用可能な行政サービス(外部サイトへ遷移)が多いため、他のシステムでの利用も想定している場合には、プライムの取得が推奨されます。

    <デジタル庁ホームページ>GビズIDで利用できる行政サービス一覧(外部サイトへ遷移)

    GビズIDエントリーはIDの発行申請後、直ぐに発行されますが、使用可能な行政サービスに制限があります。また、エントリーを取得した後、プライムにも切り替えが可能です。
    • 本申請手続きシステム利用中にエントリーからプライムに切り替えをされた場合、システム上で処理が必要となりますので、下記6.お問合せ先に連絡をお願い致します。
    • 既にGビズIDプライムの申請書をご郵送済みの方は、エントリーアカウントを登録されるとプライムの申請が承認処理されなくなりますので、ご注意ください。

5.申請手続きの流れ


上記フロー図「3 入国準備(本サイト外)」でご対応いただくこと
本申請手続きシステムで審査済証の受領後、厚生労働省「入国者健康確認システム(ERFS:エルフス)」において、
  • 入国者の搭乗する便等が確定した段階で速やかに入国予定者に係る情報を入力すること
  • 入国後に入国予定日の変更等があった場合には、入力した情報の修正等を行うこと
を行うことが必要となります。
本手続きの方法については、審査終了後、当省よりお送りする審査済メールに詳細を記載させていただいておりますので、メールの記載事項に沿ってご対応いただきますようお願いいたします。
なお、厚生労働省ERFSシステムを利用するためには、別途IDの申請が必要となりますので、事前にご準備をお願いします。

6.お問合せ先

  • 「新たな措置」の内容や申請の仕組みなどの一般的な照会について
    政府全体共通窓口 電話番号(いずれの番号も、政府全体共通窓口につながります)
    0120-220-0270120-248-6680120-110-857050-1741-8558050-1751-2158
    受付時間 9:00~21:00 土日祝含む
  • 経済産業省所管業種の申請、及び本申請手続きシステムについて
    経済産業省水際対策電話問い合わせ窓口 電話番号 03-3501-1071
    受付時間 平日 9:30~18:15 土日祝除く

7.関連リンク

水際措置に係る制度に関しては、以下のページもご確認下さい。(外部サイトへ遷移)


以下から申請を開始してください。
※初めてのログインの場合のみ、申請開始ボタンを押下後、本申請手続きシステム内でユーザー登録作業等を行います。この場合には、申請開始ボタン押下後に申請が可能になるまでに時間がかかることがあります。その旨メッセージが表示されますので、時間をあけて再度アクセスをお願い致します。

申請開始